著書

『近代経済学の基礎理論』啓文社、1976

『エッセンスがわかる経済学入門』中央経済社、1990     

『エッセンスがわかる日本経済入門』中央経済社、1991.   

『寡占と経済厚生』 有斐閣、1991

 

共著書

Mainstreams in Industrial Organization, Edited by H. de Jong and W. G. Shepherd (Kluwer Academic Publishers), 1986.

Have Japanese Firms Changed? Edited by H. Miyoshi & Y. Nakata (Palgrave Macmillan ), 2010. 

 

論文など

1971.04   「参入障壁および参入行動」『季刊理論経済学』第22巻第1号.

1972.02   「巨視動学モデルの短期的分析」『経済学論叢(同志社大学)』第19巻第56号.

.12           "The Growth Model of the Demand for the New Products,"

                『経済経営論叢(京都産業大学)』第7巻第3号.

1973.02   「不完全競争理論における個別需要曲線について」『京都産業大学論集・社会科学系列』第2巻第1号.

.02           「新生産物需要の成長に関するデューゼンベリー仮説の検討」

                『季刊理論経済学』第24巻第1号.

.03           「マクロ経済の短期的分析」『経済経営論叢(京都産業大学)』第7巻第4号.

.06           "A Note on the Behavior of the Firm," 『経済経営論叢(京都産業大学)』第8巻第1号.

.09           「耐久消費財の使用年数別廃棄率について」

                『経済経営論叢(京都産業大学)』第8巻第2号.

.12           「動学的寡占価格試論」『経済経営論叢(京都産業大学)』第8巻第3号.

1974.05   "Employment, Inventories and Prices in the Short-run,"

                KSU Economic and Business Review, No.1

.06           「雇用量の調整における遅れについて」

『経済経営論叢(京都産業大学)』第9巻第1号.

.09           「広告について」

『経済経営論叢(京都産業大学)』第9巻第2号.

1975.05   "On the Dynamic Properties of the Macroeconomic Disequilibrium Model,"

KSU Economic and Business Review, No.2

.06           「広告支出と売上高の関係の統計的分析」(浅井勇氏との共著)

                『経済経営論叢(京都産業大学)』第10巻第1号.

.12           「ラグ付き従属変数が回帰変数となる場合の各種推定方法の比較・検討」

(浅井勇氏との共著)『経済経営論叢(京都産業大学)』第10巻第23号.

1976.12   「寡占的大企業の利潤率と市場構造要因」『季刊理論経済学』第27巻第3号.

1978.02   "Application of Duesenberry's Model to the Growth in Stocks of Consumer

Durable Goods in Japan,"

Review of Economics and Statistics (Harvard University Press) Vol. LX, No. 41979

.04           「動学的参入障壁の理論」『経済学論叢(同志社大学)』第26巻第34号.

1979.03   「耐久消費財の保有台数の成長について」

『経済学論叢(同志社大学)』第27巻第34号.

.06           "Profit Rates and Market Shares of Leading Industrial Firms in Japan,"

                The Journal of Industrial Economics (Wiley, UK) Vol. XXVII, No.4.

1980.03   "Demand Growth, Profitability, and Entry,"

                Quarterly Journal of Economics (Harvard University Press) Vol. XCIV, No.2.

.11           "Wages and Market Power in Japan," 

                British Journal of Industrial Relations, Vol. XVIII, No.3.

1981.11   "The Effects of Demonopolization on the Aggregate Stock of Capital and

                the Welfare of a Society"

                Southern Economic Journal (Southern Economic Association, USA),Vol.48, No.2.

1982.1     「産業構造の変化と交通需要の将来動向」(森一夫先生との共著)

                『道路交通経済(特集・今後の道路交通政策)(経済調査会)18.

.03           "An Extension of Clower's Condition,"

『経済学論叢(同志社大学)』第30巻第34号.

.Spring     "Product Quality and Market Structure,"

                Bell Journal of Economics (AT&T, USA), Vol. 13, No.1.

.09           「累積広告費と売上高の関係の統計的分析(1)」

『経済学論叢(同志社大学)』第31巻第3号.

1983.01   「累積広告費と売上高の関係の統計的分析(2)」

『経済学論叢(同志社大学)』第32巻第1号.

1984.09   "Profitability, Market Share, Product Quality, and Advertising in Oligopoly,"

                Journal of Economic Dynamics and Control (North-Holland), Vol. 6,  No.12.

.05           "Demonopolization and Economic Growth,"

『経済学論叢(同志社大学)』第34巻第12号.

1985.08   "The Effects of Demonopolization on Economic Growth,"

Canadian Journal of Economics (Toronto University Press), Vol. XVIII,  No. 3.

1986.10   "Ethics, Efficiency, and the Market (by Allen Buchanan)"

Southern Economic Journal (Southern Economic Association, USA) Vol. 48, No. 2.

.12           "A Note on the Golden-Rule Condition in the Overlapping Generations Growth

Model,"(西村理氏との共著)

                Manchester School of Economics, and Social Studeis (Manchester University),

                Vol. LIV, No. 4.

1987.03   "Demonopolization under Uncertainty,"

『経済学論叢(同志社大学)』第38巻第3号.

1989.08   "Cost-Reducing R&D in Oligopoly,"

                Journal of Economic Behavior and Organization(North-Holland),Vol.12, No.1.

.10           "Export Subsidies in Oligopoly with and without Threat of Entry,"

                Journal of Economics (Springer-Verlag, Germany), Vol. 50, No. 3.

1992.03   「アメリカにおける産業間賃金格差の研究−文献展望−」『同志社アメリカ研究』 28.

1993.06   "Market Shares, Advertising, R&D, and Profitability: An Empirical Analysis

                               of Leading Industrial Firms in Japan,"

Review of Industrial Organization (Academic Publishers),  Vol.8.

1995.03   「寡占企業行動の総合的分析−財務データによる実証研究−」

                『経済学論叢(同志社大学) 46巻第2.

1996.03   「海外直接投資の決定要因について」『経済学論叢(同志社大学) 47巻第2号.

.05           「海外直接投資行動の理論的分析」 『同志社大学 経済学論叢』第 47巻第3号.

.06           「コインテグレーションアプローチによる時系列分析」

                『経済学論叢(同志社大学) 47巻第4号.

.10           「日本企業による海外直接投資の実証的分析」

                『経済学論叢(同志社大学) 48巻第1号.

1997.03   「日本の消費関数の推定−コインテグレーションアプローチによる分析−」

                『経済学論叢(同志社大学)』第48巻第3 号.

.03           「利潤率の決定要因の実証的分析−日本の製造業企業のケース−」

                『経済学論叢(同志社大学)』第48巻第4号.

1999.03   「医薬品産業における利潤率決定要因

                   −19861993年度の日本のクロスセッションおよびパネルデータによる分析−」

                『経済学論叢(同志社大学) 50巻第4号.

2000.09   「製薬企業における広告・研究開発と利潤の関係について

−パネルデータおよび時系列データと多重方程式モデルの分析」

『経済学論叢(同志社大学) 52巻第1号.

2001.01   「直接投資行動のゲーム論的分析」

                『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学) 2巻第1号.

.03           「利潤率決定要因の統計的分析−日本製造業:1985年〜1999年−」

                『経済学論叢(同志社大学)』第52巻第3 号.

.03           「多国籍企業の提携行動あるいは吸収合併行動の理論的分析

                   −シグナリングゲーム理論を応用した分析−」

                『経済学論叢(同志社大学)』第52巻第4 号.

2003.03   「日本製造企業の負債削減行動の実証的分析:19761999

                『経済学論叢(同志社大学)』第54巻第3号.

.03           「日本製造企業のマーケットシェア均等化:

                                                1979〜99の期間の実証分析」(小橋晶氏との共著)

『経済学論叢(同志社大学) 54巻第4.

2003.03   「日本経済社会の再生に向けて@:

                                基本的な考え方といくつかの提案」(清川義友・東良彰氏との共著)

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第4巻第3号.

.03           「日本経済社会の再生に向けてA:産業政策の変化と金融改革・不良債権について」

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第4巻第3号.

.10           「日本の製造業における利潤率は均等化したか」

『同志社大学経済学会ワーキングペーパー』 No.13

.12           「財務データによる日本の不良債権総額の推定」

                『経済学論叢(同志社大学)』第55巻第3号.

.12           「利潤率のコインテグレーション分析:日本産業の1958年から1999年のケース」 

『経済学論叢(同志社大学)』第55巻第3号.

2004.03   「日本製造企業の雇用調整行動の実証的分析-

−誤差修正モデルの調整速度を用いた回帰分析」

『経済学論叢(同志社大学)』第55巻第4号.

2004.11   「日本企業の負債比率調整行動の分析

                                ―誤差修正モデルによる負債比率調整速度推定値を用いた回帰分析―」

『経済学論叢(同志社大学)』第56巻第3号.

2005.02   「企業価値の決定要因について

                                ―財務データによるクロスセクション分析―」(青田忍氏との共著)

『経済学論叢(同志社大学)』第56巻第4号. 

2006.03   「連結・単独売上高比率のパネルデータ分析

                                新産業創設など多角化行動の解明―

『経済学論叢(同志社大学)』第57巻第3号.

.03           「財務データを用いた研究開発研究の陥穽について

                                会計基準変更が研究開発研究に与える問題 ―」

『経済学論叢(同志社大学)』第57巻第4号.

.06           "The Dynamics of Wage Differentials in Japan,"(小橋晶氏との共著)

『経済学論叢(同志社大学)』第58巻第1号.

.10           「BRICsへの投資行動について

                                −直接投資行動に影響を及ぼす要因の理論的・実証的分析−」

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第 8巻第1号.

2007.02   「日本の製造企業輸出比率のパネルデータ分析」

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第8巻第2.

2007.03   「ストックオプション効果の実証的分析」『経済学論叢(同志社大学) 58巻第4号.

.05           「利潤率決定要因のパネルデータ分析−日本製造業:2002年〜2004年−」

『同志社大学経済学会ワーキングペーパー』No.32.

.09           『企業買収行動の理論的・実証的分析                               

                                −連結子会社数の決定要因とストックオプションの影響−』

『経済学論叢(同志社大学) 59巻第2号.

.09           「日本製造業の利潤率平準化傾向について

                 −企業同一利潤率仮説,同一産業同一利潤率仮説,企業別均衡利潤率仮説と

                    企業新陳代謝の影響の分析−」

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第9巻第1.

.09           「ストック・オプション導入決定に関する理論的・実証的分析」(三好博昭氏との共著)

ITECワーキングペーパー(同志社大学)07-17

2008.03   「企業価値決定要因のパネルデータ分析

                                −配当,研究開発,広告,輸出,株主構成と企業価値の関係−」

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第9巻第2.

.09           「企業統治が投資・配当戦略に与える影響

                                −日本製造企業の投資関数のパネルデータ分析−」

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学) 10巻第1.

.09           「企業の新陳代謝と日本の経済成長」(東良彰氏との共著)

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第10巻第1号.

.12           「ストックオプション導入に関する理論的分析−経営者主権と株主主権における

                                ストックオプション規模が社会的厚生に与える影響−」

(小橋晶氏・岸基史氏との共著)

『同志社大学経済学会ワーキングペーパー』No.36.

.12           平成17年度から20年度の4年の間,文科省の補助金をでいろいろな研究をしました.

その成果として論文を8本書き,それらをまとめると200頁を超える冊子になりました.

これを見てみたいと思う人は以下

http://xplala.aa0.netvolante.jp/tnakao/ResearchForJSPS.pdf をクリックしてください。

2009.01   「日本経済における企業新陳代謝の推移について −新企業の参入・衰退企業の

                                退出が経済全体の利潤率に与えた影響とその原因の分析−」

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第10巻第2号.

.01           "Why the saving rate has been falling in Japan?" (東良彰氏との共著)

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第10巻第2号.

.03           「輸出,研究開発,広告,株主構成と企業価値

−直接効果と配当を通じて与える効果の総合的分析−」

『経済学論叢(同志社大学)』第60巻第4

.03           「輸出が企業価値に与える影響の実証分析」

『ワールドワイドビジネスレビュー(同志社大学)』第10(公開セミナー特集号)

2010.03   「日本の製造業企業における賃金率の決定要因」(中島剛氏との共著)

『経済学論叢(同志社大学)』第61巻第4.

2011.07   「経営者が企業価値に与える影響と経営者報酬の関係」(中嶌剛氏との共著)

                『経済学論叢(同志社大学)』第63巻第1.

2012.03   「労働者の貢献度と賃金率の関係」(東良彰氏との共著)

『経済学論叢(同志社大学)』第63巻第3.

.03           「日本企業の冒険心の低下が経済的停滞の原因か?」(東良彰氏との共著)

『経済学論叢(同志社大学)』第63巻第4.